スペインのバルセロナのカタルーニャ独立の裏側

カタルーニャのバルセロナってどんなとこ?

2017年に独立を宣言したカタルーニャ共和国の州都がバルセロナです。

スペインではまだ独立を認めていないのでバルセロナはスペイン・カタルーニャ州バルセロナ県でもあります。

まだどちらも譲らずどうなるのでしょうか。。平和的に解決して欲しいですね。

バルセロナは気候も良く、世界遺産で有名なサグラダファミリアやカーサ・ミラなどガウディ建築が有名な観光都市です。

サッカーのFCバルセロナも有名です。EUの中でも観光関係は少し高い感じがしましたが貴重な収入源なので仕方ないですし、それでもとてもいい町でした。

カタルーニャ共和国、スペインバルセロナの位置

フランスよりにあり、イタリアからも近く言語的にはカタルーニャ語は兄弟のように近い言葉です。歴史的にもカタルーニャはアラゴン連合王国の一部としてイタリア南部アテネまで形成していました。フランク王国からの侵略にあった歴史もあることから独立に対する意識が根付いたのかもしれません。

スペインに対するカタルーニャ人の思い

日本から見るとスペインのバルセロナですが、私は以前カタルーニャを訪れた際、現地のお宅にお世話になっていました。

その時私は何も知らず、スペインの中のバルセロナとして会話をしていましたが、その度に「ここはスペインじゃないの、カタルーニャよ。それに私たちが話しているのはスペイン語じゃなくてカタルーニャ語なのよ」っと説明されたのを覚えています。

スペインとは違う文化と言葉を持ち、明確にカタルーニャの人々の中でのスペインとの違いを持っているのが印象的でした。

個人的にスペインの一部として扱われることへの嫌悪感とプライドのようなものを話のニュアンスで感じました。侵略の歴史、首都だった過去のあるバルセロナの市民にとっては、存在を認めてほしい一心だったのだと思います。

交通の要所と民族の交差、テロの発生

バルセロナに訪れたら必ず観光客が行くところの一つランブラス通りでテロが起こってしましいました。

ISIS(イスラム国支持者)のワゴン車が歩いていた人を次々とはねたました。この、スペイン・バルセロナで2017年8月17日夕方に起こったテロでは、13人が死亡し、約100人が負傷しました。

カタルーニャが最も良い形でスペインと折り合いが付き、イスラム国のテロなどが起こらず、バルセロナの方々の日常が一刻も早く平穏に戻ることを願ってやみません。

カタルーニャの人々は皆とてもフレンドリーです。観光には安全に配慮しながら楽しんで頂けたらと思います。