POPの説得力をアップさせる2つのポイント

POPの説得力をアップするにはどうすればよいでしょう?

POPの中に盛り込める文章には限りがあります。表現を磨いてより説得力のある売り上げに貢献できるPOPを作りましょう。

説得力を上げるのにおすすめなのは具体的な数字を使った表現がおすすめです。キャッチコピーに数字を入れてみるのも良い方法です。

また、写真やイラストを用いることでお客様の想像力を掻き立て、商品をリアルに感じることができ、購買に繋がります。

1,物の価値を具体的に数字で表現する。

次の2通りの表現ではどちらが説得力があると感じますか?

「多くの方がリピーターです」

「9割の方がリピーターです」

どうでしょうか?人は具体的な数字を見た方が信用する傾向にあります。

うその表記はダメですが、根拠を示せるのであれば数字表現をうまく取り入れてみましょう。

具体的数字表現の例

どんな例があるか見てみましょう。

  • 数量限定→15色限定
  • 売り上げ増加→売り上げが2倍に!
  • 美容におすすめ→肌年齢がマイナス10歳
  • ビタミン豊富→ビタミンがアセロラの200倍

数字を入れることで信憑性があり、リアル感が出ます。数字のセンスを磨くことでキャッチコピーの訴求力もより一段と上がります。

2,イラスト&写真を使って分かり易さアップ

写真やイラストを入れると一瞬でお客様の心を捉えることができる

「かわいい!」「おいしそう!」「これ欲しい!」とPOPの写真やイラストを見て買ったことが誰しもあるはずです。

写真やイラストには見たお客様の想像力を膨らませる効果があります。

写真やイラストから良いイメージを受ければ購買にプラスの効果が出やすいのも良いところです。

また、写真やイラストを見ることで文字を見なくてもPOPの内容が一瞬で理解できます。

写真やイラストをPOPに入れる際の4つのポイント

写真やイラストをただなんでも入れれば良いというわけではありません。商品にあったイメージのイラストや、複数のイラストを入れる場合イラストの雰囲気を合わせなければなりません。

  • お客様の年齢層に合わせる
  • 複数の写真やイラストを入れる場合は色味や雰囲気を合わせる
  • 文面の邪魔にならないようにする(文字と重ねても良いが読み易いようにする)
  • イラストの入れすぎには注意

イラストが描けなくても大丈夫!!

イラストなんて書けないし、、、、なんてあきらめていませんか?

大丈夫です!!心配はいりません!今は商用に使っても良いイラストを無料でダウンロードできるサイトが多数あります。

私はイラストを描くこともありますが、既にあるイラストを使った方が断然早いし失敗もありませんのでよく利用しています(笑)。

このサイトがおすすめです。

どちらも登録無料で使えますが1日のダウンロードに容量で制限があります。有料の会員登録をするとダウンロード制限がなくなります。